ダイビング体験記では、ライセンス取得体験記、世界のダイブスポット旅行記をご紹介しています! スキューバダイビングでは、ダイビングのライセンスや、取得料金、様々な機材や、らい選手の種類など、入門者向けの情報をご紹介しております。

マナド(メナド)Manado ブナケン島

マナド-クダゴンベ

本日はインドネシアのマナドへ行った時のダイビングトリップをご紹介いたします。

マナドは日本ではメナドなどとも表記されますが、正しくはマナドです。メナード化粧品も一説にはこの地名からきているそうですが、本当だったら、マナードですねw

まなどは、インドネシアのスラウェシ島の北部に位置する場所で、沖合の「ブナケン島」がダイビングスポットとなります。

ブナケン島近辺には非常に多くのダイビングスポットがありまして、非常にダイナミックなドロップオフが非常に魅力的です。

 

また、インドネシアは生物が多いことで有名ですが、このブナケン島エリアはレンベ海峡とならんで、スラウェシ島の人気スポットで、ダイバーであれば一度は行ってみたい場所ということができるでしょう。

 

まずは、マナドの風景をご紹介いたしましょう。

インドネシア全般に言えることですが、やはり、自然が多いということです。しかし、われわれダイバーを含めて、先進国の人間が入っているために、環境破壊が進み、さらに、土地の人間にも悪い影響を与えてしまっています。

 

また、治安の面ですが、場所によって安全とは言えませんので、一人で出歩くことは避けましょう。また、物乞いやたかりもありますので、うまく対処することが重要です。

 

 

manado2.jpgmanado6.jpg

 

牛は立派な移動手段です。豚を連れて歩いている人などもいましたし、ヤギや、鶏もそこらじゅうにいます。

まさに、自然の宝庫で、のどかな場所です。

 

 

manado3.jpg

 

今回宿泊したのが、ブナケンエリアのCOCOTINOSです。

建物も非常にきれいですし、非常に快適に過ごすことができます。また、桟橋からすぐにダイビングボートに乗ってブナケンエリアに行くことができますので、ダイバーにとっても非常に快適なリゾートといえるでしょう。

 

 

それでは、ブナケンエリアを見てゆきましょう!

ブナケンは非常にきれいな自然が広がっていて、もちろん人が住んでいますが、村があるという程度の場所です。

 

 

bunaken1.jpgbunaken2.jpg

 

水の透明度は非常にきれいで、最高のロケーションといっても過言ではありません!

水上の景色も本当に美しく、見ていても飽きることはないでしょう。

 

それでは、マナドのダイビング風景を見てゆきましょう。

 

 

bunaken10.jpg

 

マナド ブナケンエリアの素晴らしいところは、やはり、この素晴らしいドロップオフの地形でしょう。

ブナケン島からすぐに、切り立ったドロップオフになっておりまして、下は見えないほど深くなっています。

 

そのドロップオフには様々なサンゴが生息していて、当然そこには多くの生物がすみついています。

また、大型のアジやウミガメ、サメなどの生物も見ることができるでしょう。

 

bunaken12.jpgbunaken19.jpgbunaken24.jpg bunaken22.jpgbunaken25.jpgbunaken17.jpg bunaken3.jpgbunaken4.jpgbunaken7.jpg bunaken5.jpgbunaken6.jpgbunaken8.jpgbunaken13.jpgbunaken16.jpgbunaken9.jpg

こちらの写真で紹介した以外にも本当に多くの生物がいて、何度もぐっても飽きることのない本当に素晴らしいスポットでした。

また、ダイブスポットも30くらいあるので、一度のトリップでは回りきれないでしょう。

本当にそれほど素晴らしいスポットです。

 

管理人も本当にお勧めのダイビングスポット。それが、マナドのブナケンエリアです。

 

 

ダイバーであれば、ぜひ一度足を運んでほしい場所です。

 

マナドへの行き方

マナドへは日本からシンガポールへ約7時間。シンガポールから、マナドまで約3時間で行くことができます。

 

マナドのダイビングシーズン

マナドは一年を通して楽しめる場所ではありますが、ベストシーズンは乾季です。

乾季は5月~10月頃となります。(若干の前後はあります)

 

マナド、ブナケン島エリアのダイビングエリア情報

気温:30度前後で年間を通して、大きな変化はない

水温:28度前後

透明度:平均20メートル ダイブスポットによってはもっと良い場所もあります。乾季ですと30mを超えることもあり最高です!

初心者から上級者まで楽しむことのできる場所ですが、一部流れの強い場所は初心者の方には向きません。

 

マナド、ブナケンの場所


より大きな地図で 世界のダイブスポットマップ・地図 を表示

 

ブナケン関連動画のご紹介

 

< バリ島-トランベンBali T  <<前 | 次>> マナド(メナド)Manado  > ランキング参加中!もっといろんなダイビングブログ情報も満載です!
さらに詳しいダイビング情報はこちらから!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ


世界のダイブスポット体験記

ライセンス取得体験記
 

 

ライセンス取得方法
 

 

各団体のライセンスのランク

 
   
 
 
RSS2.0