ダイビング体験記では、ライセンス取得体験記、世界のダイブスポット旅行記をご紹介しています! スキューバダイビングでは、ダイビングのライセンスや、取得料金、様々な機材や、らい選手の種類など、入門者向けの情報をご紹介しております。

PADIのライセンス

PADIのライセンスの種類

PADIのライセンスには、以下のようなコースがあります。

 

オープン・ウォーター・ダイバー

201004290011.jpg

最も基本となる、PADIのライセンスです。
自分でダイビング計画を立ててバディ・システムに則ってダイビングを楽しむことができ、インストラクターなどをつけずにコンディションの良好な海であればダイビングができます。

PADIではこのオープンウォーターダイバーになって初めて、ダイビング機材を買ったり、タンクをレンタルしたりできるようになります。

また、PADIの上位ライセンスを取得できるようになります。


スペシャルティ・ダイバー

オープンウォーターダイバー以上が受講できるコースです。

下記のような様々なコースが用意されています。自分の実力を磨き、それを証明するためにスペシャルティ・ダイバー コースをクリアされてはいかがでしょうか?

水中ナチュラリスト、水中ナビゲーター、エキップメント(器材)、ボート・ダイバー、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー、ドライスーツ・ダイバー、プロジェクトAWARE(環境保護)、サンゴ礁の保護、AWARE魚の見分け方、水中写真、デジタル水中写真、スノーケリングデジタル写真、水中ビデオグラファー、水中スクーター、エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー、ナイト・ダイバー、ディープ・ダイバー、マルチレベル・ダイバー、ドリフト・ダイバー、アルティチュード(高所)・ダイバー、エンリッチド(高濃度)・エア・ダイバー、サーチ&リカバリー・ダイバー、レック(沈船)・ダイバー、アイス・ダイバー


アドベンチャー・ダイバー/アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

オープンウォーターダイバー以上が受講できるコースです。

以下のような内容があります。水中ナビゲーション、ディープダイブを必修科目として、合計5つのコースをクリアすると取得できます。最短2日で取得可能です。

なお、これをクリアすると、レスキューダイバーの受講資格が得られます。

水中ナビゲーション
ディープ・ダイブ
水中写真ダイブ
ボート・ダイブ
レック・ダイブ
ドライスーツ・ダイブ
サーチ&リカバリー・ダイブ
マルチレベル・ダイブ
ドリフト・ダイブ
水中ナチュラリスト・ダイブ
アルティチュード・ダイブ
ピークパフォーマンス・ダイブ
水中ビデオ・ダイブ
ナイト・ダイブ
ダイバー・プロパルジョン・ビークル・ダイブ
AWARE 魚の見分け方・ダイブ


レスキュー・ダイバー

アドバスド・ダイバー以上で、かつエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムを修了したかたが受講資格を有します。

このコースはダイビング中の事故などの万一のときに非常に頼もしい、レスキュー・ダイバーになるコースです。

ダイブマスターになるには必要不可欠なコースです。


マスター・スクーバ・ダイバー

マスター・スクーバ・ダイバーになるには、アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーとPADIレスキュー・ダイバーおよび、5種類以上のPADIスペシャルティ資格を有している必要があります。さらに、ログブックに記録50ダイブ以上のダイビング経験があることが条件です。

このあとは、インストラクターコースへと続きます。

詳しくは、http://www.padi.co.jp/

PADI公式サイトで。



Page: 1


世界のダイブスポット体験記

ライセンス取得体験記
 

 

ライセンス取得方法
 

 

各団体のライセンスのランク

 
   
 
 
RSS2.0