ダイビング体験記では、ライセンス取得体験記、世界のダイブスポット旅行記をご紹介しています! スキューバダイビングでは、ダイビングのライセンスや、取得料金、様々な機材や、らい選手の種類など、入門者向けの情報をご紹介しております。

2010年4月

スキューバダイビングをはじめてみよう!

201004290001.jpg


スキューバダイビングは誰でも一度は『やってみたい!』『もぐってみたい!』そんな風に考えたことがあるのではないでしょうか?

しかしながら、なかなかきっかけがなかったり、敷居が高いように感じてしまいます。

また、ダイビングといっても一体どうすればはじめられるのか分かりません。

そこで、このサイトではダイビングの全くの初心者のために、どのようにすれば海にもぐれるのか?

また、どのような道具が必要なのか?いくらぐらい費用がかかるのかなどをご紹介いたします。

ライセンスの種類などもご紹介していますので、これからダイビングを始められる方は、ぜひとも参考にしてください!



ダイビングの始め方

201004290002.jpgダイビングをするには正直お金があれば、もぐることはできます。

世界中に海があるわけですから、特に共通の『法律』があるわけではありません。

でも、普通の人がいきなり海外のダイビングショップに行って、『ダイビングをさせてくれ』といっても、ダイビングは危険を伴うもの。

むやみやたらに機材を貸したり、船を出したりはできません。

そこで、ダイバーが必要な知識を持っているか否かを、ダイビングショップで理解できなくてはなりません。

そこで『Cカード』というものが考えられました。これは、ダイビングのライセンスで、必要な知識を身につけているよということを、示すものです。


ダイビングにはCカードが必要

201004290003.jpg

Cカード(Certification Card=認定証)がダイビングをするためには必要です。これがなければ、世界各地でダイビングに必要なタンクが借りられません。

逆にこのCカードさえ持っていれば、ダイビングをするのはさほど難しいものではありません。非常にスムーズです。

そこでダイビングを始めるには、まずはこのCカード。これを取得しなくてはなりません。

Cカードの取得は、様々なダイビングショップで取得できます。

日本国内はもとより、世界中で取得が可能なので、海外旅行へ行ったついでに取得している人などもたくさんいますよ!


誰がCカードを発行してくれるのか?

201004290004.jpg

ダイビングをするために必要なCカードですが、発行する機関は一体どこでしょうか?

Cカードというと、あたかも一定の期間が発行しているようですが、これは、様々な団体が発行している『認定証』の通称で、発行団体は、なんと、世界で30以上もあるのです。

ですから、あくまでその取得した団体での認定証ということになるのです。

また、各団体はそれぞれ、様々なライセンスのコースを持っていて、独自の教育プログラムを実施しています。



Page: 1


世界のダイブスポット体験記

ライセンス取得体験記
 

 

ライセンス取得方法
 

 

各団体のライセンスのランク

 
   
 
 
RSS2.0